2010年4月26日(月曜日)

八百屋のお兄さん…!

カテゴリー: - webmaster @ 01時47分40秒

知り合いのおばちゃんから、16歳で東京へ1人で上京して来た時に初めてバイトをさせて貰った八百屋さんのお兄さんが亡くなったと聞いた!

少し前の話らしいんやけど、思いがけないことだったので、もうビックリして「うそぉ〜」って叫んだあと、言葉が出て来んかった(>_<)

上京当時住んでいたところの近所で、今では珍しい市場の中にあった八百屋さんで、たまたま買い物に行ったんやけど、そこに「アルバイト募集」って貼り紙がしてあって、家族でお店をやっていたんで、お母さんと相談してこのお店やったら、安心やろう!ってことでお願いして働き始めたんよね。

1人暮らしで寂しかったけど、お兄さんはじめ、皆んな優しい人達でどんだけ心強かったことか…。

市場の中だから、ドアとかなくて吹きっさらしで、秋から冬にかけてはすごく寒かったけど、お兄さんが路上で、ドラム缶を置いて「焼き芋」を売ってたりして、お客さんが少ない時はドラム缶の近くへ行って温まったりしてたなぁ〜。

デビューした時も、とても喜んでくれたし、仕事で旅へ行くときとか、お店の前をゴロゴロとトランクを押して歩いてると「気を付けて行って来いよ!」っていつも優しく声をかけてくれたり…。

今の家に引っ越しをしてからは、滅多に会うこともなくなってしまったんやけど。

デビューして、ほとんどの人から芸名で呼ばれることが多くなって来てるけど、お兄さんには、いつまでも「小百合ちゃん」やった!

そう呼ばれることが、なんか嬉しかったんよねぇ〜。

いろんな楽しい思い出がいっぱいよみがえってくるよ…。

享年60歳ってことやったけど、私がバイトしてた時は、お兄さん36歳やったってことかぁ。

必ず誰しも別れがくるとは分かっているけど、やっぱり嫌だなぁ…。

本当にいろいろとお世話になりました……。

お兄さんありがとう!

ご冥福を心から祈っています!


コメント

RSS feed for comments on this post.

TrackBack URL : http://www.ibukiyuri.com/modules/wordpress0/wp-trackback.php/875

  1. 16歳、・・私も親元を離れて学校の寄宿舎、知らない町心細かったなー当時の事が走馬灯のように思い出されます。60歳・・私はとうに超えましたが、ご冥福お祈り致します。夢に向かってがんばりましょー


    Comment by 白おぢぢ — 2010年4月27日(火曜日) @ 10時44分12秒

  2. 60歳とは。まだまだ早すぎます。ご冥福をお祈り致します。小百合さんをお世話して下さりありがとうございました。


    Comment by せん — 2010年4月27日(火曜日) @ 12時06分13秒

  3. 八百屋のお兄さん・・・あまりにも早い旅立ちに絶句しました。きっと遠いところから小百合ちゃんを、「伊吹友里」を応援してくれていると思います。ご冥福をお祈り致します。


    Comment by パパリンです — 2010年4月27日(火曜日) @ 13時19分00秒

  4. 良い記事と共有するためのありがとう!


    Comment by Pandora Australia — 2013年3月1日(金曜日) @ 18時28分52秒

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとE-mailは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
HTML allowed: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <code> <em> <i> <strike> <strong>


25 queries. 0.009 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

新譜案内

NEW SINGLE 2009.10.7発売
伊吹友里

詳細はこちら
カレンダー
2018年 7月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最新のブログ
月別過去ログ