2009年7月5日(日曜日)

記念…!

カテゴリー: - webmaster @ 03時55分02秒

献花をさせていただいたお陰で、新聞や、袋など私にも記念の品が…。


そして、せっかくだからと、社長に記念品を開けてもらい、写真も撮らせて貰いました。

これが、焼酎。


5万人の人しか手に入らなかった物。

これを写したのって、実は国立競技場から事務所へ歩いて帰ってる途中、足が痛くなり、チョット休憩!と立ち止まった時に、ちょうど道路にあるパーキングメーターの上で。

写し終わり箱に戻して、さぁ、また歩こうかなぁ〜という時に、一台の車が駐車する為に入って来たんよね。

で、後部座席に乗ってた奥さんが窓を開け、「きゃぁ〜、それって記念品ですかぁ〜。当選したんですかぁ〜」ってものすごいテンションで声を掛けられた。

なので、「そうなんですよ。貰って来ました」…いや、私が貰ったわけやないんやけどね(笑)って言ったら、「触らせて貰っていいですか」って、焼酎の箱を嬉しそうに触って来て…。

運転席のだんなさんは、「なに迷惑なことしてんだよ」って言ってたけど、社長は「どうぞ、箱じゃなく、中身も見せますよ。…なんでしたら、記念に写真でも」って…。

焼酎と、もう一つ、メモリアルブックも取り出して渡してあげてました。

さすが優しいというのか、太っ腹というのか、なんとも心の広い社長です(笑)

でも、私も多分、自分が当たってたらそうしてたなぁ!

だって、ファンの人にしてみたら、ただ見るだけでも嬉しいことやろうしね。

このご夫婦も、当選してないけど、せめて会場へ行って献花でもってゆうくらいやけんね。

だんなさんも、まんざらでは無かったらしく、カメラを持って出て、奥さんを撮ってあげてたけどね。

もしかしたら、本当は、自分が撮りたかったかもしれんなぁ〜。

自分はただ付いてきただけやけど、そんな光景を見ながら、心が温かくなった。

会場でも、「30枚出したけど当たらなかった」って言ってたおばさんもいたけど、実は社長は1枚しか出してないのに当選したらしい。

これってすっごいよなぁ〜。

その幸運のお裾分けを私も、そして、あのご夫婦も貰って…(≧∀≦)

「ものすごい人ですから、覚悟してた方がいいですよ」
「そうですね。とりあえず行ってみます。記念になりました!ありがとうございましたぁ〜」

たまたま足が痛くなったからと立ち止まったところでの一期一会。

人の多さと、長時間待ってたのですっごく疲れとったんやけど、なんか良かったなぁ〜と笑顔で事務所へ向かう足取りも軽くなった。

このメモリアルブック


後日、ゆっくりと見せて貰える日を楽しみに…。


裕次郎デー…!

カテゴリー: - webmaster @ 03時54分48秒

今日は、あの国立競技場で行われた石原裕次郎さんの23回忌の祭典に行って来ましたぁ〜!

最初は行く予定がなかったんやけど、ナント、75万通の応募があって、その中から5万人が当選という、狭き門を宮崎社長が当てちゃってたんです(≧∀≦)

で、その記念品は、当日行かなければ貰えないということで、行くという話を聞き、こんなこと滅多にない!!!と、思い切って私も便乗させていただきました。

朝7時から夜10時までということやったんやけど、待ち合わせ時間は朝9時。

内心、「えぇ〜、そんなに早くから行くんやぁ〜!社長もどれだけ裕次郎さんファンやねん〜」と思いながら最寄駅で待ってて、車で合流して近くまで行ったものの、全然駐車出来る状態やなく、結局、事務所までまた車を置きに行き、そこから歩いて会場へ。

入ったのは9時半過ぎで、もらった整理券は24ゲート。

入口では、記念の袋に、ポカリスエット1本が皆んなに配られとった。

で、中へ入ってみてもうビックリ!!!

すでにものすっごい人・人・人…。

位置的には、裕次郎寺の斜め後ろって感じ。

で、セレモニーも始まってて、お坊さん達が歩きながらお経を唱えとった。

そんなところをとりあえず、まず記念にパチリ!


私の後ろに写ってるのって全部、人!

すでに、スタジオの3分の2が埋まってる状態。

どんな形で記念品を受け取れるのか分からないので、とりあえず座って待つことに…。

セレモニーを終え、まき子夫人や渡さんなどが退場されてから、ようやく一般の人達の献花が始まった。

まずは、アリーナ席から…。

で、どうも、その後スタンドでも、いわゆる野球で言えば内野席から徐々に外野席へそれも左右交互にということらしい!

24ゲートって言ったら、順番的には21番目ぐらい…。

ひぇ〜(≧∀≦)

どんだけ時間が掛かるかも想像できん(>_< )

献花が終わらないと記念品は貰えないということやし、再入場は出来ないってことやし、ここで待つしか手段はない!

その為か、裕次郎新聞が配布されとって、社長はずっとそれを見とった。

お昼近くになり、腹が減っては戦はできぬとばかりに、スタンドでは、野球観戦のようにお弁当や、お菓子、飲み物などを売りに来てたんで、社長が売り子のお姉さんに声をかけ、「おにぎり弁当」って言ったら、「450円です」って「じゃぁそれ一つ」って言ったあと、「お茶も」って言ったら、「全部で750円です」って言われた。

社長がお金を払ったものの、私的には何か腑に落ちず…「ごめん、お茶っていくら?」って聞いたら「200円です」

間違ってるやん〜(≧∀≦)
ビックリしたぁ!

普通のペットボトルのお茶やのに、300円も取られるとこやったよ!

無事に100円は返して貰いました(笑)

まぁ、彼女も、大変で頭が回らなかったんかもしれんけどね…。

私は、新聞は改めてゆっくり読もうと思ってたんで、聖歌隊の人達がずっと裕次郎さんの歌を唄ってるのに一緒に口ずさんだり、隣の知らないおばさんと話したり(笑)時間潰してました。

途中、まき子夫人や、渡さん、舘さん、神田さんなど石原プロモーションの方々が出てきて、会場は盛り上がってたり…。


ちなみに、この写真の真ん中の右辺りに、渡さんがいます!

何もすることがないんで、とりあえず写しておきました(笑)

で、ようやく「24ゲートの方々、移動してください」って言われたのは、ナント、2時過ぎ。

呼ばれたからって、すぐ献花が出来るわけやなく、また歩いて並んでスタジアムの中に入り、歩いて並んで…ようやく献花を終えましたぁ〜。

ホッとしたところを記念にパチリ。


そして、ここからは、当選者とそうでない人の分かれ道。


私は、当選してないので、右側の通路で、社長が記念品を貰うのを待ってました。

ようやく会場を出たのはもう3時近かったなぁ〜。

そう、6時間近くも掛ったわけです。

信じられん(>_< )

スタンドでは、一度、誰も居なくなってたところに、また人が入り、アッと言う間に埋め尽くされて行く光景は本当に凄い!の一言です。

でも、それ以上に信じられなかったのは、表に出た瞬間、ものすっごい人がこれから入ろうと並んどったこと!

会場に入るだけでも最後尾の人は1時間以上は絶対掛かると思う。

そして、またそこから献花までは…。

気が遠くなりそう。

17回忌の時は、20万人の人が参列したということやけど、近所はものすごいことになっとったんやろうなぁ〜。

国立競技場で行うことにして、ある意味正解やと思うよ。

会場を出た時、思わず社長に「いやぁ〜、甘くみてました。9時なんて早くから…って思ったけど、とんでもなかったですね。そうじゃなきゃこの時間には解放されませんでしたね」って言ったら、一言「だろぉ〜」って、得意気に言われてしまった(笑)

いやぁ〜、それにしても貴重な体験をさせていただきました。

ありがとうございました。

今日から私も裕次郎さんのファンに仲間入りさせてもらえるかな…。


23 queries. 0.009 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

新譜案内

NEW SINGLE 2009.10.7発売
伊吹友里

詳細はこちら
カレンダー
2009年 7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最新のブログ
月別過去ログ